webカタログ製作のススメ

欲しい製品ができた時、店頭を訪れる前にまずインターネットで検索する人は多いのではないでしょうか。店頭で店員に聞けば情報を教えてくれますが、特定のメーカーから派遣されている店員は偏った情報を教えることもあります。十分に製品知識がある店員ばかりではありませんし、まだ購入の意思が固まっていない段階ではしつこく勧められるのを嫌がって店員を避ける人もいます。
ネットで情報を検索する人に、製品をアピールしてくれるツールとして頼りになるのがwebカタログ製作です。自社サイトにアップすることで、製品情報をもれなく正確に伝えることができ、気になったときにいつでも気軽に世界中の人に閲覧してもらえます。
以前のwebカタログは画像データが重たく、めくるスピードが極端に遅く使う人をイライラさせるものでした。しかし現在はネットの高速化が進み、ページの移動も拡大もストレスなくできるようになってきています。
動画を埋め込んであったり、キーワード検索できたり、3D CADのデータを全方向から見ることができたりといった、紙のカタログにないwebカタログならではの機能を備えたwebカタログ製作もできます。
有料、無料のwebカタログ製作ツールが多数あるので自社内で製作することも可能ですが、サーバーが必要になりますし専門外のスタッフの時間を取られてしまうので、製作会社を利用してもよいでしょう。
webカタログはサーバーに保存したデータを公開しますが、製作会社のサーバーを利用するものと、自社内サーバーを利用するものがあります。
製作会社のサーバーを利用する場合、通常初期費用は少額ですむ分月額利用料金がかかります。自社サーバーを使えば初期費用は高額になりますが、その後の費用は掛かりません。
製作会社のサーバーを利用するプランには更新も含め製作会社で管理してくれるものもありますし、自社サーバーのものなら多少知識がある人はデータを自分で更新することもできます。ニーズに合わせて製作会社を選びましょう。



カタログ製作.comサイトメニュー

  • HOME
  • カタログ製作 詳細
  • 印刷
  • ホームページ カタログ製作
  • web
  • デザイン
  • 格安 カタログ製作
  • 販促
  • 作り方