カタログ製作の作り方

カタログ製作の作り方の基本を知っていると、自社内で作る時はもちろん、外注する場合もイメージがつかみやすくなります。
まず製作するカタログに載せる商品の一番大きなアピールポイント、伝えたいことは何かを考えます。それを中心に勧めていくので、自分だけで考えず社内でしっかり意見を統一しておきましょう。
次にそれを伝えるためのキャッチフレーズや写真を決めていきます。
キャッチフレーズでは短くわかりやすく相手にアピールポイントを伝えます。ここで大切なことは、うそにならない範囲で大げさなくらいに要点をはっきりと伝えることです。
自分で写真を撮影する場合は角度を変えて何度も撮り、最も製品の特長がわかる写真を使いましょう。解像度もサイズもカメラの最大値で撮影します。
画像加工ソフトで背景を消すのが基本ですが、加工しやすいよう極力背景はシンプルにして撮影します。その他のものも背景はシンプルに撮りましょう。
今はインターネットで無料の写真素材や、有料でも安価な写真素材が手に入ります。製品写真と合わせ、イメージ写真として取り入れてもいいでしょう。
本文では写真やキャッチフレーズで伝えた内容を補足し、さらにわかりやすく説明します。
文章で伝わりにくいところは図や表に置き換えます。製品の仕様や性能比較など掲載内容は、同業他社のカタログを多数比較して必要と思うものを入れましょう。
写真を中心にレイアウトし、キャッチコピーや文章を配置します。見出しやキャッチフレーズではフォントもデザインイメージに合わせ使い分けますが、本文は飽くまで読みやすいサイズとフォントで作りましょう。ゴシックや明朝がよく使われます。
写真は大きく入れるほど迫力が出ます。画面いっぱいに入れてもいいでしょう。
プリンタで出力することもできますが、部数が多ければ印刷に出しましょう。結果的に安くすみ、質感のいいカタログ製作が可能です。



カタログ製作.comサイトメニュー

  • HOME
  • カタログ製作 詳細
  • 印刷
  • ホームページ カタログ製作
  • web
  • デザイン
  • 格安 カタログ製作
  • 販促
  • 作り方