格安のカタログ製作なら

カタログ製作を考えた時、真っ先に気になるのが費用ではないでしょうか。
格安のカタログ製作が可能なサイトには、やすいややオファーツ、カタログ制作館、リッツ・プリントなどさまざまなものがあります。
しかし例えば一般的なサイズのA4、4ページのカタログを同じように500部依頼した価格でも、42,000円の会社もあれば132,000円の会社もあります。なぜここまで価格の差が出てくるのでしょうか。
カタログ製作には決まった形式がないためどこまでが基本料金に含まれるのか、とてもあいまいです。値段のみで判断するとオプション項目が多く逆に高くつく場合もあるので、基本料金でできることをまず確認して比較しましょう。
デザインイメージとコンセプトを伝えればそれに基づいて写真撮影や取材をし、文章やキャッチコピーの作成、デザイン提案もしてくれる会社もあれば、文章も写真もこちらが渡したもののみを使い、レイアウトもこちらの指示通りと割り切る会社もあります。デザインのテンプレートがあり、そこに当てはめて印刷するだけというところもあります。
当然後者の方が格安でカタログ製作が可能ですが、それで納得がいく品質のものができるかどうかが問題です。
細かな修正に応えてくれるのはやはり対面営業の担当者がいる会社。会って説明すればデリケートな修正も行き違いが少なくてすみますが、遠方の会社では難しいですし人件費がかかり費用は割高です。メールなどオンラインでのやり取りのみであれば、料金が安くなることを明示している会社もあります。
紙質によっても値段が大きく変わってきますので、料金表に紙質が明記されていないサイトでは確認が必要。カタログに使われるのは通常やや厚手の紙であるコート紙で、90kg、110kg、155kgなどという重さの数値で質が表されます。数値が大きいほど厚手で上質な紙です。カタログに使うならある程度厚みがあったほうがいいですが、厚ければ厚いほどいいというものではありません。サンプルを取り寄せ、必要十分な厚みの紙を選びましょう。



カタログ製作.comサイトメニュー

  • HOME
  • カタログ製作 詳細
  • 印刷
  • ホームページ カタログ製作
  • web
  • デザイン
  • 格安 カタログ製作
  • 販促
  • 作り方